ドライアイ対策ランキング

ドライアイ対策ランキング

ドライアイの対策については、さまざまな方法があります。
まずは、簡単なものから試してみてはいかがでしょうか。
普段から目を酷使している方は、自分の目線より高いところで作業することは避けることが大切です。
人間は、下にあるものを見る方が目の疲れが少なく、目線よりも上にあるものを見ると目を酷使してしまいます。
そのため、パソコンを使用する場合は、目線に注意を払うだけでも目の疲れがかなり違ってきます。
また、テレビを長時間視聴するときにも同じことが当てはまりますので、ドライアイの症状に悩まされている方は、クッションやイスを活用して、なるべく上方向から見るようにすると良いでしょう。
それから、時間がある時には、目の血行を促進するために、何か対策を行うと良いでしょう。例えば、目に蒸しタオルを当てる方法は簡単に実行できます。
蒸しタオルについては、タオルを湿らせてから、レンジで30秒〜1分温めます。それを目に当てるだけです。
それよりも簡単に行うには、入浴時に、熱めのお湯で絞ったタオルを使用すると良いのではないでしょうか。
さらに、まばたきの回数が少なくなると、ドライアイが進行してしまいますので、瞬きの回数を増やすように普段から意識するようにしましょう。
このようなことはすぐに忘れてしまうので、パソコンで長時間の作業をしなければならないときには、モニターに付箋などでメモ書きを貼り、それが目に入ったら瞬きを多くするように心がけるなど、いろいろと工夫してみると良いのではないでしょうか。
その他、ドライアイ用目薬やドライアイサプリ※口コミで効果のあるサプリランキングこちらのサイトで紹介されているサプリなどもお勧めです。ぜひ活用してみてください。